缶バッジ製作実績

  • 株式会社学研プラス 様

    書店様向け販売促進用ツール       ______________________________________10分で読める「よみとく10分」シリーズの販売促進として 書店の店員様がつける缶バッジにてご活用頂きました。 なぜ?どうして?という身近な疑問を読み解く内容や名作のお話しなど 想像力を育む内容から自宅で1年を振り返り総復習ができる学力向上の 内容となります。______________________________________ 販売促進用ノベルティ______________________________________幼児のお子様に考える力をのばし「学ぶことは楽しい」と思うきっかけとなるワークブック「学研の幼児ワーク」を書店様への販売促進用のノベルティとしてご活用頂きました。お子様の年齢(2歳~6歳)に合わせた難易度の問題で年齢別に選びやすく、あきずに最後までやりとげられる問題構成で展開され新しい問題に出会ったときに、どのように答えを導きだすか見通しを立て、考える力が身につくワークブックとして多くの親御様から支持されています。また支持される理由の一つに「がんばり賞」(賞状と記念品)が達成した回数によって記念品も贈呈され親子で一緒に楽しめます。お子さんにぴったりのワークが分かる「学研の幼児ワーク」サイトはこちらからhttps://gakken.jp/youjiw/diagnosis/

    もっと読む
  • 京都大学 様

    京都大学地球環境学堂      「SDGs勉強会」 ________________________________________________________________________ ____________________________________ 「持続可能なキャンパス」の実現を目指して学内外で活動するエコ〜るど京大。 マスコットキャラクター「くすちゃん」とSDGsのロゴを組み合わせて2つの デザインを作成されました。企業や行政、国内外の地域と連携して、SDGsに関わる多種多様なプロジェクト の活動報告、勉強、交流会が開かれ、参加者の皆さんにお好きな方を参加証と して配布されました。この缶バッチをきっかけに「それ何?」「SDGsってね…」と 新たな輪が広がっていくね!と皆さんからご好評頂いたとのことです。※SDGs(持続可能な開発目標)とは・・・2015年9月の国連サミットで、 地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓って 採択された2030年を達成期限とする17のゴールです。

    もっと読む
  • 鈴鹿市人権教育センター 様

    「ぬくたいフェスタ2018」               _______________________________    障がい者差別をはじめ、あらゆる差別をなくすための啓発イベント(ぬくたいフェスタ) の趣旨に賛同していただいた方々に缶バッチを購入していただきました。 収益は、ぬくたいフェスタ当日のヒューマンコンサートの出演者の出演料にご活用 いただきました。缶バッチのデザインは、子どもたちが描いたイラストを、弊社で レイアウトデザインをサポートさせて頂き、制作しました。 缶バッチは大好評で、当日には完売となりました。

    もっと読む
  • 豊橋市交通児童館 様

                      豊橋市交通児童館50周年記念イベント____________________________________缶バッジを交通児童館様にて開館50年を記念して作成されました。 スタッフ様が付けられ50周年の周知を図ったり、記念イベント内の セレモニーに参加されたお子様達にプレゼントされました。豊橋市交通児童館様では2019年5月に50周年を迎えられ 児童健全育成施設として、子育て支援だけでなく子どもたちの 自立を援ける子育ち支援や、交通安全の啓発を行い 家族のふれあいの場、市民の方々の交流の場として、これからも地域に愛される児童館を目指し続けられるとの事でした。

    もっと読む