デザインデータ作成方法

デザインデータ作成

■デザインの作成

缶バッジの側面(曲面)にあたる部分を「巻代(まきしろ)」と言います。

缶バッジをデザインする時は、この「巻代(まきしろ)」の扱いに十分ご注意ください。

巻代(まきしろ)にデザインがかからないように注意してください。




■デザインテンプレートについて

お使いのアプリケーション、あるいは作成方法を選択して下さい。

Illustrator用テンプレートDownload

Illustratorでの入稿データ作成方法

・デザインデータは「.ai」で保存して下さい。(デザイン名は半角英数字のみ)
・テキストは必ず「アウトライン化」して下さい。
・まきしろ部分を意識してデザインを行ってください。
・画像データはリンク配置では入稿できません。すべて「埋め込み」で配置してください。
・効果やスウォッチ機能はそのままで入稿しないでください。
・透明を含む画像データは配置しないでください。(クリッピングパスも不可)
・塗りのCMYK合計値は300以下を推奨します。解像度は350ppi以上を推奨します。
・サイズ通りのテンプレートを使用してください。弊社が配布しているテンプレート以外は使用できません。
・変更不可レイヤーは削除・変更を行わないでください。



Photoshop用テンプレートDownload

Photoshopでの入稿データ作成方法

・デザインデータは「.psd」で保存して下さい。(デザイン名は半角英数字のみ)
・テキストは必ず「ラスタライズ」してください。
・クリッピングパスは使用しないでください。
・まきしろ部分を意識してデザインを行ってください。
・塗りのCMYK合計値は300以下を推奨します。
・解像度は350ppi以上を推奨します。
・サイズ通りのテンプレートを使用してください。弊社が配布しているテンプレート以外は使用できません。
・ガイドレイヤー(変更不可)に、デザインを配置しないでください。



■デザイン上の文字の注意点

※Illustratorの場合、必ず「文字のアウトライン化」してください。

※Photoshopの場合、必ず「テキストのラスタライズ」をしてください。(解像度は350dpi以上)

デザイン内容・表記内容、文字の誤字脱字に関しては、一切弊社ではその瑕疵につきましては校正いたしませんので十分ご注意してください。

■写真、イラストについて

デザイン上、写真やイラスト等の画像をご利用になる場合は、缶バッチ使用原寸にて350dpi以上の画像解像度にてデータを作成いただくことをおすすめ致します。 解像度が低くなりますと、画像の劣化により、画像の再現性が低下する恐れがございます。解像度に十分ご注意の上、データ作成してください。 尚、ご提供いただいたデータにつきましては、画像解像度の調整等を当社にて行うことはございませんので、予めご了承ください。

弊社では、デザイン上お客様側にて使用されている写真やイラスト等を含めたデータにつきまして、 使用に関する著作権や肖像権等の各権利に関する許諾につきましては、一切関知致しません。 お客様側にて各データの使用について、事前の権利解決をお願い致します。

商標権・意匠権並びに公序良俗に反すると判断されるご依頼については、固くお断りいたします。



■著作権について

お客様から頂くデータや注文内容が第三者の著作権及びその他の権利を侵害しないよう確認の上提供お願いします。 お客様から提供いただいたデータや注文内容で第三者が被害を被った場合は、弊社はその責任をおいません。 また、弊社が被害を被った場合は損害を請求するものといたします。